個人的な借金 任意整理

MENU

個人的な借金は整理できるのか?また、整理の対象からはずせるのか?

債務整理を行う上では、友人からの借金であっても、消費者金融や信販会社といった会社からの借金と同じように取り扱うことができます。

 

任意整理の場合は、利息制限法による利息で計算し直し、収め過ぎていた場合は元金に組み入れることで借金の残額を減らす請求になります。そうして減らした借金の残額を、分割で返していくことになりますが、その際、将来の利息についてはカットされるのが普通です。

 

金融業者の場合は、任意整理という手続きには慣れていますので、利息制限法による引き直し計算や今後の返済に関する利息のカットにも、たいていの場合スムーズに応じてくれます。
しかし、相手が個人で、しかも債務者の友人といった場合、債務者に対する信用や情で貸した場合も多く、それだけに感情的なものが絡み、弁護士を介して将来利息をカットしてくれるように頼んでも応じてもらえない場合も多くあります。

 

そういった問題はありますが、任意整理に協力してもらえる限りは、金融業者からの借金と同様、友人からの借金についても、任意整理を進めていくことはできます。

 

また、任意整理の場合は、整理したい債務を自由に選んで、整理したい債務についてのみ整理できるので、友人の債務については外すことも自由にできます。
特に連帯保証人のいる債務については、迷惑をかけることになるので、その債務については外したいと思えば、債務整理から外すことができます。

 

任意整理の場合、もともと金利が低く、利息制限法で定める法定利息に近い場合には、引き直してもあまりメリットがないので、銀行ローンなどは、任意整理をせずにそのまま払い続ける場合もあります。
任意整理の場合、いわゆるグレーゾーン金融といわれる貸金業者やクレジットだけを対象に行われることがほとんどです。

 

ただし、同じ債務整理でも、自己破産や個人版民事再生の場合は、個人からの借金であろうと、金融業者からの借金であろうと、同じ借金として裁判所に申告する必要があります。
任意整理のように、整理したい債務だけを自由に選んで行うことはできません。

 

この場合、連帯保証人のいる場合には、債権者は、主たる債務者から返済を望めないと知ると、連帯保証人に請求することになります。債権者は保証人に対して一括返済を求めるようになります。
連帯保証人のいる場合は、その人に迷惑をかけざるを得ないことになります。

 

「任意整理にまつわる疑問と質問」カテゴリートップページへ

関連ページ

任意整理は、学生やパート主婦、アルバイトでもできるのか?
学生やアルバイト、パート主婦でもできるのでしょうか?職業や身分と債務整理の関係についてまとめました。
任意整理で、住宅ローンや自動車ローンは軽減できるのか?
ローンも借金の形の1つです。多くの人がこの形で借金を持っていることでしょう。任意整理では、ローン関連の負担を軽減させることはできるのでしょうか?
任意整理の受任通知が業者に届くことによるメリットとデメリット
任意整理を行うことによって、業者に受任通知が届きます。これによってどのようなメリット・デメリットが発生するのでしょうか?
任意整理後、クレジットカードは作れるか?本人や家族はどう?
任意整理をした後の問題は多くの人が気になるところでしょう。本人や家族はクレジットカードは作れるのでしょうか?
任意整理後、住宅ローンは組めるか?
任意整理をした後、持ち家が欲しくなった時。この時、住宅ローンを組んで家を買うことは可能なのでしょうか?
信用情報機関による過払い金の取り扱い。事故情報として計算される?
過払い金請求をすると、信用機関に事故情報が登録されるという話があります。これは本当の話なのでしょうか?
任意整理で減額してもらった借金が返済できないとどうなる?
任意整理などで借金を整理し、結果借金が減額されることがあります。その減額された借金が返済できない場合、どうなってしまうのでしょうか?