任意整理後 住宅ローン

MENU

任意整理後、住宅ローンは組めるか?

任意整理後、住宅ローンは組めるか?についてですが、たとえば、マンションを購入するつもりでいたところ、夫が小遣いのために借りたお金について、任意整理をしていたというような場合が出てくるような場合もあります。

 

夫にとっては、単純に給料日前の小遣い銭がほしくて、少しずつ借りていた金額が毎月毎月少しずつ膨らんで行き、返済が苦しくなったちょうどその時に、任意整理ができることを聞いたので、これはいいとばかりに軽い気持ちで行った任意整理でした。

 

何年か経って住宅購入しようということになりましたが、夫のローンが通らないので妻はびっくり。
夫は任意整理したことを打ち明けたものの、これは自分がおこなった任意整理が与えた影響なのかどうかについても全然知りませんでした。

 

任意整理を行った場合、住宅ローンは通らなくなってしまうのでしょうか?

 

任意整理を行った事実は、信用情報機関による信用情報(いわゆるブラックリスト)に記載されます。

 

この記載は一定機関を経過すれば、削除されます。記載されている期間は、現在は金融庁指導で最大5年になっていて、5年経過すれば、信用情報機関によるブラックリストからは、削除されることになっています。

 

ですので、この間、夫名義でローンを組んで、住宅購入することはできなくなります。

 

ブラックリストから消えても、ローンが組めない可能性もある

ああ、じゃあ任意整理をしてからもう2年は経っているから、あと3年待てば、マンションを買えるようになるんですよね?と聞いて来られる人がいますが、この任意整理を行った事実が5年で消えるというのは、あくまでも信用情報機関における削除です。

 

通常どこの銀行でも、金融会社でも、信用情報機関からの情報を参考に、これに自社と債務者の過去の取引情報を加えて、自社独自の信用情報を作り上げていて、それに基づいて審査するようにしています。

 

信用情報機関においては5年で任意整理の事実は削除されても、各金融機関が独自に持っている顧客情報は数十年の間、任意整理を行ったなどの情報については、削除せずにおくことがほとんどです。

 

どういう基準で、どういう情報をもとに、どういうふうに審査の判断を下すかは、各金融機関で自由ですので、大きな金額を貸し出すことになる住宅ローンについては、任意整理を行なってから先は、10年以上は通らないものと思った方がいいと言います。

 

住宅購入を考えていた奥さんにとっては、夫がローンが通らないために、住宅購入を諦めなくてはならなくなるというのは、本当にショックなことです。

 

任意整理については奥さんや家族に知られることなく簡単に行えます。財産を失うこともなければ、裁判所を介さない任意の債務整理であることから証明書の発行なども不要ですから、職場にも知られずに済み、仕事にもまったく影響を与えることなく行うことができます。

 

しかし、たった1つブラックリストに載ることだけは覚えておかなければなりません。

 

少なくとも、将来銀行からのお金に借り入れで、住宅購入が考えられるような人の場合は、ローンの通過の可能性はまったく皆無とも言い切れませんが、任意整理は避けた方が無難と言えます。

 

金融機関がこうした情報を手に入れるには、その信用情報期間の会員になる必要がありますので、任意整理の事実を登録された信用情報機関以外に加盟する銀行があれば、借りられない訳ではないことになりますが、銀行などはどこも複数の信用情報機関に加盟していることがほとんどです。

 

ですので、任意整理を知られずに住宅ローンの審査を通すことは難しくなります。

 

金融機関は情報共有をしている。1つの銀行で無理なら、他も同じの可能性大

特に現在では、消費者金融と銀行は、アコムは三菱UFJフィナンシャルグループであり、プロミスは三井住友銀行グループというように、グループ企業として、密接に繋がっています。

 

サラ金での任意整理で、なぜ銀行からお金が借りられなくなるかと言っても、互いに情報を共有していることになります。

 

借金の申込書・各種ローンも申込書・カード規約にも「弊社が得た個人情報は、弊社グループ間で情報を共有する」との記載があり、たとえば消費者金融会社のアコムからの債務について債務整理を行った場合には、三菱東京UFJ銀行グループ各社(銀行・信金・信組・信販・カード・生命など)にもその情報は届き、三菱東京UFJ銀行からの融資の可能性は非常に低くなると言えます。

 

こうした自分の信用情報については、信用情報機関に直に照会を申し入れ、見せてもらうことができます。

 

閲覧の方法は、各信用情報機関によって異なりますが、開示は法律で認められていますので、気になる場合は、各信用情報機関に問い合わせてみるといいでしょう。

 

住宅ローンの審査にあたっては、こうした個人の信用情報以外にも、本人の年収や勤務先の経営状況なども含めて判断されます。

 

仮に事故情報(債務整理など)が消えていてたとしても、収入に比して大きな返済になる場合や、勤務している会社の経営状況が厳しい場合には、住宅ローンは通らないこともあります。

 

ここまで述べたことは、あくまでも任意整理をした本人名義で、銀行ローンを組む場合です。
信用情報機関の信用情報は、あくまでも個人に関する情報なので、配偶者や家族の情報には影響を与えません。

 

妻名義でローンを組むのであれば、夫の債務整理は何らの影響も出てきません。
妻の収入や勤務先などの情報を下に審査され、妻に返済能力があると見倣されれば、妻名義で銀行ローンは組むことができます。

 

ただし、妻がパートで仕事しているような場合は、当然ローンを通すことはできなくなります。

 

「任意整理にまつわる疑問と質問」カテゴリートップページへ

関連ページ

任意整理は、学生やパート主婦、アルバイトでもできるのか?
学生やアルバイト、パート主婦でもできるのでしょうか?職業や身分と債務整理の関係についてまとめました。
個人的な借金は任意整理可能?整理の対象からはずせるのか?
個人的な借金…つまり、知人などから借りた会社とのやり取りではない借金。こうした借金を踏み倒してしまうとその後の人間関係に大きなヒビが入ってしまいます。こうした借金だけ整理の対象から外すということはできるのでしょうか?
任意整理で、住宅ローンや自動車ローンは軽減できるのか?
ローンも借金の形の1つです。多くの人がこの形で借金を持っていることでしょう。任意整理では、ローン関連の負担を軽減させることはできるのでしょうか?
任意整理の受任通知が業者に届くことによるメリットとデメリット
任意整理を行うことによって、業者に受任通知が届きます。これによってどのようなメリット・デメリットが発生するのでしょうか?
任意整理後、クレジットカードは作れるか?本人や家族はどう?
任意整理をした後の問題は多くの人が気になるところでしょう。本人や家族はクレジットカードは作れるのでしょうか?
信用情報機関による過払い金の取り扱い。事故情報として計算される?
過払い金請求をすると、信用機関に事故情報が登録されるという話があります。これは本当の話なのでしょうか?
任意整理で減額してもらった借金が返済できないとどうなる?
任意整理などで借金を整理し、結果借金が減額されることがあります。その減額された借金が返済できない場合、どうなってしまうのでしょうか?