任意整理後、クレジットカード

MENU

任意整理後、本人や家族は、クレジットカードは作れるか?

債務整理をすると、その事実は信用情報機関の信用情報、いわゆるブラックリストに載せられることになります。
信用情報機関の信用情報は、いわば個人の経済的信用力、支払い能力に関する情報になっています。

 

金融機関は、個人から借金の申し込みがあると、信用情報機関に対し、その個人の信用情報を照会し、それを参考に融資するかどうかを決定します。

 

そうして1度記載された信用情報は、信用情報機関によっても多少違いはありますが、任意整理については5〜7年間は、任意整理の事実の記載は削除されません。

 

ですので、任意整理をすると、ブラックリストに掲載されてしまうため、債務者本人は最低5〜7年の間、新たに借り入れをしたり、新たにクレジットカードを起こすことは難しくなります。

 

ただし、審査の基準はカード会社によって異りますので、中には任意整理をしたことは分かっていても、会社によっては、お金を貸してくれたり、カードを起こしてくれたりする会社もまったくない訳ではありません。

 

また、こうした信用情報は、その信用情報機関に加盟している会社だけしか見ることができないので、加盟していない会社の場合は、債務者が任意整理したことの情報は手に入らないために、新規にお金を貸してくれたり、カードが起こせたりすることもあります。

家族は大丈夫、だけど本人はかなり厳しい

しかし、業務内容が似ている会社は、大体同じ信用情報機関の会員になっていることが多いと言えますから、たいていの場合は任意整理をすると、新たにカードを起こしたり、新たにお金を借りることは難しくなると言えます。

 

このことは、任意整理をした本人の配偶者や家族についても言えるのかと言うと、信用情報機関によるこの信用情報(ブラックリスト)は、あくまでも任意整理した本人についてのみの情報になります。

 

ですので、債務者が任意整理したことを理由に、その配偶者のクレジットカードが停止されることはありません。

 

クレジットカードの申し込みには本人情報を記載しますから、配偶者などの名前も記載が必要になりますが、審査はあくまで申し込んだ本人の収入状況や雇用状況などについての審査になりますから、家族が任意整理中でもそれを理由に審査が通らないということはありません。

 

配偶者名義でこれまで使っていたカードはそのまま使えますし、配偶者名義のカードについては、配偶者本人が審査に通過すれば、作ることができます。

 

同様に債務者の兄弟や親や子などについても、債務者が任意整理したことを理由に、そクレジットカードが停止されることはありません。

 

新たにカードを作る場合でも、債務者の兄弟や親や子については、兄弟や親や子本人が審査に通過すれば、作ることができます。

 

「任意整理にまつわる疑問と質問」カテゴリートップページへ

関連ページ

任意整理は、学生やパート主婦、アルバイトでもできるのか?
学生やアルバイト、パート主婦でもできるのでしょうか?職業や身分と債務整理の関係についてまとめました。
個人的な借金は任意整理可能?整理の対象からはずせるのか?
個人的な借金…つまり、知人などから借りた会社とのやり取りではない借金。こうした借金を踏み倒してしまうとその後の人間関係に大きなヒビが入ってしまいます。こうした借金だけ整理の対象から外すということはできるのでしょうか?
任意整理で、住宅ローンや自動車ローンは軽減できるのか?
ローンも借金の形の1つです。多くの人がこの形で借金を持っていることでしょう。任意整理では、ローン関連の負担を軽減させることはできるのでしょうか?
任意整理の受任通知が業者に届くことによるメリットとデメリット
任意整理を行うことによって、業者に受任通知が届きます。これによってどのようなメリット・デメリットが発生するのでしょうか?
任意整理後、住宅ローンは組めるか?
任意整理をした後、持ち家が欲しくなった時。この時、住宅ローンを組んで家を買うことは可能なのでしょうか?
信用情報機関による過払い金の取り扱い。事故情報として計算される?
過払い金請求をすると、信用機関に事故情報が登録されるという話があります。これは本当の話なのでしょうか?
任意整理で減額してもらった借金が返済できないとどうなる?
任意整理などで借金を整理し、結果借金が減額されることがあります。その減額された借金が返済できない場合、どうなってしまうのでしょうか?