任意整理にまつわる疑問と質問

MENU

任意整理にまつわる疑問と質問

任意整理とは、債務整理の手段の1つです。
自己破産は債務整理の中で一番大変な手段で、かなり程度の重い借金を整理するために使う手段です。
任意整理はその真逆。債務整理の中でも一番簡単な手段であり、がんばれば返すことのできる借金であれば任意整理で済ませることもできるでしょう。

 

任意整理は自己破産とは異なり、借金がゼロになるということはほぼありません。
この「ほぼ」というのは、可能性がないわけではないということです。

 

何年もの間、借金の返済を続けて利息を払い続けていた・多額の借金返済をしていたなどの理由から、多くの金利を払い続けていた場合、請求できる過払い金の額が大きくなります。
まれに、その過払い金の額が、整理後の借金残額を越えることがあります。この場合、過払い金を借金の返済に充てることで借金をゼロにすることができるのです。

 

しかし、これは本当にまれなケースです。
大半のケースでは、過払い金や今後の利息を減額してもらう交渉といったところで終了します。
こういうお話をすると、「返済し続けなければいけないのなら意味がない」と思われる方も多いようですが、そうではありません。

 

任意整理は月々の返済をラクにする借金整理

上にも書いたように、過払い金の返還で借金の残額を減らすことができたり、今後の金利を下げて月々の返済額を減らすことができるということは、生活に大きく影響します。
もし現在、月々の支払い額が多すぎて困っているという問題を抱えているのであれば、一度任意整理の相談を弁護士や司法書士にしてみることといいでしょう。
思っていた以上に返済額が減って驚くかもしれません。

 

しかし、得体の知れないものにすがりつくということは勇気がいることですね。
実際、任意整理にもさまざまな制限やルール、メリットデメリットなどが存在しています。
軽い気持ちで始めて「そんなデメリット知らなかった!」となっても、もう元に戻すことはできません。任意整理をする前に、任意整理のことを少しでも知っておいた方がいいでしょう。

 

ここでは、少しでも任意整理に対する疑問や不安にお答えして、任意整理について前向きに考えてもらえるようになれば、と思って作ったページです。
任意整理を考えている方の参考になればと思います。

 

「借金なくす方法|自己破産せずに債務整理をする」 トップページへ

任意整理にまつわる疑問と質問記事一覧

任意整理は、利息制限法の上限金利、すなわち下記のようになります。■元本が10万円未満の場合は、年率20%■元本が10万円以上100万円未満の場合は、年率18%■元本が100万円以上の場合は、年率15%また、延滞の損害金は、利息制限法では、この1.46倍までとなっています。つまり、上記の上限金利とあわせて計算すると、下記のようになります。■借金が10万円未満の場合は、年率 20%×1.46=29.2...

債務整理を行う上では、友人からの借金であっても、消費者金融や信販会社といった会社からの借金と同じように取り扱うことができます。任意整理の場合は、利息制限法による利息で計算し直し、収め過ぎていた場合は元金に組み入れることで借金の残額を減らす請求になります。そうして減らした借金の残額を、分割で返していくことになりますが、その際、将来の利息についてはカットされるのが普通です。金融業者の場合は、任意整理と...

クレジットカードを利用したローン、ショッピング、リボルビングの取引も、任意整理の手続きを行うことが可能です。ショッピングによる立て替え金や銀行系ローンは、利息はほとんど15%から20%の上限利率で、利息制限法の範囲内での貸付けになりますので、引き直し計算をしても当該業者の借金はまったく減らず、あまりメリットはありません。この点は、消費者金融からの借金とは異なります。しかし、任意整理をすることのメリ...

任意整理の内容をおさらいすると、裁判所などの公的機関を利用せずに、私的に直接サラ金業者やクレジット会社などと和解交渉ができる法律で認められた利率(元金10〜100万円の場合18%)で、今までの取引を計算し直し、債務額を確定できるこれからの利息(将来利息)をすべてカットした上で、3〜5年間(36〜60回)の分割弁済にする和解契約を締結できるなどの、借金総額を減額するための手段が取られます。これらの交...

債務整理をすると、その事実は信用情報機関の信用情報、いわゆるブラックリストに載せられることになります。信用情報機関の信用情報は、いわば個人の経済的信用力、支払い能力に関する情報になっています。金融機関は、個人から借金の申し込みがあると、信用情報機関に対し、その個人の信用情報を照会し、それを参考に融資するかどうかを決定します。そうして1度記載された信用情報は、信用情報機関によっても多少違いはあります...

任意整理後、住宅ローンは組めるか?についてですが、たとえば、マンションを購入するつもりでいたところ、夫が小遣いのために借りたお金について、任意整理をしていたというような場合が出てくるような場合もあります。夫にとっては、単純に給料日前の小遣い銭がほしくて、少しずつ借りていた金額が毎月毎月少しずつ膨らんで行き、返済が苦しくなったちょうどその時に、任意整理ができることを聞いたので、これはいいとばかりに軽...

法定利息を超えたグレーゾーン金利による支払いは、これを無効として、払い過ぎた分については過払い金請求ができます。ところが過払い金請求をすると、信用情報にブラックリストに載るのでは?という不安から、過払い金請求に踏み切れない人が多くいます。金融庁は、これに対し、「過払い金請求をすること」は「支払能力」は直接関係しないとして、過払い金請求をしたことの履歴を、信用情報から削除するように、信用情報機関に指...

任意整理後の延滞や滞納は許されません。任意整理後に延滞をしたら、どうなるのでしょうか?債権者には、任意整理に応じてやったのだから支払って当然という頭がありますから、返済の督促は今まで以上に厳しくなると思っていたほうがいいでしょう。ボーナスは減額されたり,支給されなくなる可能性もありますので, ボーナスを返済原資として返済計画に組み入れることはしないほうが賢明です。生活していれば予定外の急な出費も出...