自己破産 迷惑

MENU

自己破産すると、親戚や友人に迷惑をかけるのではないかと心配

自己破産 身内や友達からの借金はどうなる

借金でどうにも行かなくなり、最後に借りた親戚だったり、あるいは困ったときにこれまで何度も助けてくれた友人だったりがいた場合は、その人たちにだけは自己破産することにより、迷惑をかけたくないと思うかもしれません。
どうしてもあの人にだけは返済したいと思う債務がある場合もあります。

 

しかし、自己破産したからと言って、その人たちにお金を返してはいけないという法律はありません。

 

親類や友人からの借入れなど、法律とは別の問題として、心情的、同義的に「あの人だけには迷惑をかけられない」と思うような人に対し、どうしてもあの人の債務だけは返済したいと思う債務がある場合があります。
自己破産すると、その人たちにまで迷惑をかけるのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
それほど思いのある人たちなら、自己破産による免責を受けた後で、ゆっくりと返せばいいだけの話です。

 

大事なことは、いったん弁護士に自己破産を委任したならば、免責の決定が下されるまでは、特定の債権者に借金返済をしてはならないということです。

 

自己破産を弁護士に委任したとして、たとえ法律的に免責が受けられるとしても、先にあの人にだけは返済してしまいたいと思っても、いったん弁護士に自己破産を委任したなら、免責の決定が下されるまでは、特定の債権者に対して借金を返済してはいけません。
気持ちは分かりますが、免責が確定するまで、待たなければなりません。

 

なぜなら、自己破産を申請した場合、どの債権者も平等に扱われることになるからです。債務者本人が優先順位を決めることはできないのです。

 

返すのは【免責が決定されてから】が原則!借金が消滅するわけではない

特定の人にだけ返済するのは、特定の債権者のみを有利に扱う支払いと見做されてしまうようになるからです。
債権者間の不平等が生じるような返済は、破産によって免責を受ける上で、マイナスの要素として悪く評価されてしまうようになります。
免責が認められなくなったり 、場合によっては刑罰を受ける可能性もあります。

 

どうしても返済しなければ気が済まないという場合は、免責後に返済すればいいだけです
どうしても返済したいと思う借金、親族や友人からの借金は、破産・免責を受けた後で、自由に返済すればよいのです。

 

自己破産者が免責決定を受けると、借金は支払を強制執行されることはなくなりますが、借金は消滅するのではなく、支払うかどうかを債務者が自由に決められる債務になるということなのです。
どうしても支払わなければ気が済まないということならば、免責を受けてから行えばいいだけのことです。

 

免責確定後に自由に返済ができるようになるという意味では、免責確定まで待ってもらう必要が出て来ますが、自己破産は、友人や親戚に迷惑をかけるものではありません。

 

免責後ならば、自由に返済できるようになりますので、その時まで待つようにします。
親類や友人には、そうした事情をきちんと説明し、自分の思いを伝え、免責が確定するまで支払いを待 ってもらうようにします。

 

申し訳ないと思いのある人ならば、なおのこと、事情を理解してもらうようにしましょう。

 

「自己破産にまつわる疑問と質問」カテゴリートップページへ

関連ページ

自己破産にかかる費用が払えない場合は?
自己破産をするにもお金がかかります。お金がないから自己破産をするのに、自己破産をするための費用を捻出するなんてなかなか難しいもの。この場合どうすればいいのでしょうか?
持ち家のある人の場合の自己破産。換金できる不動産を所有する場合
持ち家も、もちろん財産の中に入ります。つまり、自己破産をすれば失ってしまうものの1つです。他の財産は手放せても持ち家は手放したくないという人は多いのではないでしょうか?不動産を所有している人の自己破産についてまとめました。
自己破産後の自動車所有や自動車保険契約はどうなる?
自己破産をした際に、自動車を保有していたり保険契約があるなら、それらの扱いはどうなるのでしょうか?どうしても生活上マイカーが必要な人は必見です。
自己破産と生命保険契約。破産後も保険に加入し続けられるのか?
2010年に施行された新しい保険法は、債務整理にどのような影響を与えることとなったのでしょうか?自己破産後の生命保険加入についてまとめました。
自己破産における「自由財産」とは?
「自己破産をすれば全ての財産を処分しなければならない」というイメージがありますが、実はそうではありません。自己破産をしても処分しなくてもいい「自由財産」という財産があるのです。
自己破産「同時廃止」と「管財事件」の違いについて
自己破産には、「同時廃止」というものと、「管財事件」というものがあります。これらは破産をする人の財産に基いて決定されるものです。両者には処理にかかる費用の差も違ってきます。
免責を受けても残る借金とは?税金、保険料養育費など非免責債務
自己破産で免責を受けると、借金は「チャラ」になると言われています。しかし、この免責の効果が及ばない債務というものが存在しています。自己破産後も大きな負担となる場合があるので、要注意です。
弁護士に依頼したくても費用が払えない場合は?
弁護士に債務整理を依頼したい、だけど費用なんて払えない!という人は非常に多いと思います。借金返済に行き詰った末の債務整理ですから、当然かもしれませんね。この場合、どうしていくべきなのでしょうか?